[院長のプロフィール] 〔診療案内〕 〔バス・自家用車でのアクセス〕 〔地図〕 〔院内紹介〕 〔関連リンク〕  

今月のひとこと(バックナンバー)

 

神経内科とは?

今月のひとこと (2月)

 インフルエンザは、かなり見えました。今年は例年のようにワクチンをやったんだ

けど〜という人が結構目立ちました。それぞれそんなにひどくは無かったので落ち着い

ていますが。


 この医院へきて翌日には解熱したので仕事に行っていいか?と電話してくる人が多く

ありました。そのたびに“駄目ですよ。周りの人に迷惑をかけますよ。”と言い続けて

います。何事も治療は最後まできちんとする方が良いです。


 それよりワクチンをやらなかった人が多く、あれだけ宣伝したのに〜とがっかりする

ことがありました。


 今年やった人は、次期には必ず受けるようにしてください。お願いします。ワクチン

をやると重症化することが少ないようです。


 1月には、年の初めとして尿、血液、体重測定、血圧をチェックしました。

 長い目で見ると急に体重が減っていたりすることがあります。ひょっとしてどこかに

癌が発生したのかもしれません。また血液によって薬の副作用などが考えられることも

あります。長く薬を飲んでいる方は年に1〜2回は、血液をとりたいものです。ただ

生化学検査は一度に10項目しかできないという規則がありますので、あとから

「糖尿が出ていないかね〜」などといわれて困ることもあります。


 エコーは空腹でないと胆嚢がみえないのでなるべく空腹時に検査をします。肝臓、

右腎臓、胆嚢がその対象です。臓器の中に癌があったり脂肪が多かったりします。

胆嚢の中に石やポリープがあったりします。ただ見つからなかったから健康だという

わけではありません。血液と両面の検査となります。


 胸のレントゲンを含む市の健診も1月がキリです。一緒にします。

 健診でない人のレントゲン、脳CTは2月に予定しています。肺癌、結核などが

チェックポイントです。


 まだ少し寒いようです。皆さん注意しましょう。

 

※神経内科へ受診をご希望の患者様は、月・火・金・土の午前中にお越しください。

神経内科の主な病気
3.マリーゴールド
1997年
7月号vol.21
花のページ(バックナンバー)

外来担当医表

  診療時間    月    火    水    木    金    土
8:30〜12:00 小野田嶺雄
小野田 覚
小野田嶺雄
小野田 覚

小野田 覚

小野田 覚
小野田嶺雄
小野田 覚
小野田嶺雄
小野田 覚
16:30〜18:30 小野田 覚 小野田 覚 小野田 覚 小野田 覚
当院紹介の記事
田峰観音 (谷高山高勝寺) 縁起 沿革

【TOPへ】

管理者 院長 小野田 嶺雄

2017年1月31日 更新

頭の痛み
ものわすれ

しびれ
めまい
かってに手足や体が動いて
しまう、ふるえ(不随意運動)
うまく力がはいらない(脱力)
歩きにくい、ふらつき、つっぱり
むせ

はなしにくい、ろれつがまわらない
ひきつけ、けいれん
ものが二重にみえる(複視)
意識障害

糖尿病
頚椎症
腰の痛い時
頭痛
脳卒中 脳梗塞
脳出血

2.とよはしっこ
1991年8月号

メール

神経内科のよく見られる症状

 住  所   440-0033豊橋市東岩田3−1−1
 電話番号  0532−63−8822
 F A X  0532−62−9900
 E‐mail  dr-onoda@mx3.tees.ne.jp
 診療科目  内科 神経内科 循環器科 消化器科        
1.国際グラフ
1989年秀光社
健康だより
院内ギャラリー
随筆えっせい