[院長のプロフィール] 〔診療案内〕 〔バス・自家用車でのアクセス〕 〔地図〕 〔院内紹介〕 〔関連リンク〕  

今月のひとこと(バックナンバー)

 

神経内科とは?

今月のひとこと (4月)

3月の寒さはいかがだったでしょうか?カレンダーは春なのですが、なかなか花も咲

き始めません。最月末に関東地方で3月なのに雪の予報が出まして、その後暖かくなっ

てくるようですが。どうでしょうか?



 こんな風に体の外の気温が寒いと脳は寒さに備えろと全身に指令を出して末梢血管が

縮まるように自律神経が働きます。すると血圧が高くなるのです。全身にはそれでいい

のですが脳を潤す血管も高い血圧の影響をうけます。脳は全体が頭蓋骨で覆われていま

すから、他の所だと少しの内出血ぐらいで済むものが、脳では脳出血という事になるの

です。脳の出血は少量でも危険なのです。


 こんなことで脳卒中の発生も多く、脳血管センターなどは満員になることがしばしば

です。恐ろしいですね。ゆっくり寝ていなければならないのに小さい出血などは3日で

退院させられてしまう事もあります。これは厚労省の通達があるためです。



 当院ではできるだけ1年に1回ほどCTをやっています。あまり変わりはない人が多い

のですが、たまに大変な人があります。MRIを使って検査をすればもっといいのですが、

これは機械があまりに高価なので、そちらにしたい人は出来る病院を紹介します。



 3か月かけてやっと完結した検査もようやく終わりました。あまり変化がなかった方は

次の一年また頑張りましょう。悪いところがあった方にはそれぞれ得意なところに紹介

しました。その結果も集まってきております。やっぱりこういう定期的な検査は必要だ

なと思う次第です。



 会社健診などで、もうやったとか、市健診をやってきたとかで、当院ではやれなかった

方も多かったです。両方ともバスできてレントゲンをとる方法でされることが多いと思い

ますが、このバス(間接レントゲン)は小さな機械でたくさんの放射線をあてて写すとい

う方法で、医者でやるテレビレントゲンのように、少ないレントゲン量で大きな画面で見

る、ということができません。健康診断の為にはレントゲン被曝量はなるべく少ない方が

いいのです。

※神経内科へ受診をご希望の患者様は、月・火・金・土の午前中にお越しください。

神経内科の主な病気
3.マリーゴールド
1997年
7月号vol.21
花のページ(バックナンバー)

外来担当医表

  診療時間    月    火    水    木    金    土
8:30〜12:00 小野田嶺雄
小野田 覚
小野田嶺雄
小野田 覚

小野田 覚

小野田 覚
小野田嶺雄
小野田 覚
小野田嶺雄
小野田 覚
16:30〜18:30 小野田 覚 小野田 覚 小野田 覚 小野田 覚
当院紹介の記事
田峰観音 (谷高山高勝寺) 縁起 沿革

【TOPへ】

管理者 院長 小野田 嶺雄

2017年3月31日 更新

頭の痛み
ものわすれ

しびれ
めまい
かってに手足や体が動いて
しまう、ふるえ(不随意運動)
うまく力がはいらない(脱力)
歩きにくい、ふらつき、つっぱり
むせ

はなしにくい、ろれつがまわらない
ひきつけ、けいれん
ものが二重にみえる(複視)
意識障害

糖尿病
頚椎症
腰の痛い時
頭痛
脳卒中 脳梗塞
脳出血

2.とよはしっこ
1991年8月号

メール

神経内科のよく見られる症状

 住  所   440-0033豊橋市東岩田3−1−1
 電話番号  0532−63−8822
 F A X  0532−62−9900
 E‐mail  dr-onoda@mx3.tees.ne.jp
 診療科目  内科 神経内科 循環器科 消化器科        
1.国際グラフ
1989年秀光社
健康だより
院内ギャラリー
随筆えっせい