[院長のプロフィール] 〔診療案内〕 〔バス・自家用車でのアクセス〕 〔地図〕 〔院内紹介〕 〔関連リンク〕  

頭の痛み
ものわすれ

しびれ
めまい
かってに手足や体が動いて
しまう、ふるえ(不随意運動)
うまく力がはいらない(脱力)
歩きにくい、ふらつき、つっぱり
むせ

はなしにくい、ろれつがまわらない
ひきつけ、けいれん
ものが二重にみえる(複視)
意識障害

糖尿病
頚椎症
腰の痛い時
頭痛
脳卒中 脳梗塞
脳出血

今月のひとこと (6月)

 いよいよ梅雨の季節が始まりました。もう沖縄は梅雨に入ったそうですね。

 ムシムシして嫌な季節です。梅雨も中ほどまでは冷え冷えとして、冷たい感じですが

後半になればきっと、ドーンと暑い気団が入って来て、文字どうりの梅雨になるでしょう。

私の家ではまだこたつに火が入っていますが、これもあと2週間でしょうか。

言い訳をしますと、5時に起きるとまだ寒いのです。こたつが無いと違和感を覚えます。

農業のように天候に左右されて仕事をしている方にとっては嬉しい、忙しい季節です。

 世間の草々も水を得て、フーっと息を付けるようです。

 

逆にスポーツのように雨に降られると困る職業の人には迷惑この上なしでしょう。

特にボールを手に持って投げるアメフト、野球などではボールが滑って大変でしょう。ただ

いつものように、湿っているのが当たり前と思うのは良いことですね。こういう人は雨の中

でも普通に投げるように、思いもつかない練習をしているんでしょうね。

 

車を運転していても、少し雨が降ってくると視界が悪くなり、神経質な人にとっては危険な

事もあります。小雨でも同じですよね。大雨だったらひどい事になります。以前稲武あたりを

走っていて雷と同時に、バケツを転がしたような雨が降ってきたことがあります。直後の

ラジオが30mm/時と話していました。他の時のテレビで80mm/時等と出てくることがあり

ますが、大変な事です。

 

さて 梅雨の季節の特徴は、カビですね。カビの種類は3万種類もあるそうで、

例えば酵母のように有用なものも多くあります。が人体に悪影響を及ぼすカビは、まず

アレルギーのもとになる最も多い原因の一つです。

スギ花粉症は多いのですがカビアレルギーも多い物です。きれいにしておきましょう。

カビをなくするには熱湯(90℃)がよく効くようです。この方法はお風呂のカビ退治には

ちょうどいいかもしれません。

悪いカビで身体に多いのは、水虫(白癬)たむし、しらくも(頭部浅在性白癬)なまず

(でんぷう、癜風、癜風菌、通常は無害)肺真菌症 (肺アスペルギルス症、カンジダ症など)

クリプトコックス症、アスペルギルス症などの感染症が知られています。

 

カビの次は暑さです。日射病というように日射に長く照らされると、身体がくにゃくにゃと

なってしまうのですが、その様子はネギを見るとよくわかります。普通のネギは、普通の所に

植えられていれば日射がいくら強くても平気で緑々しています。でも根っこを抜いて外にほって

おくとすぐにしなびてしまいます。これが熱射病の本体です。医者はこの様子を見て根っこを

土の中に入れ、水をやります。これを点滴と言います。運が良ければもりもりと以前に戻ります。

問題は医者が熱射病だと見抜けるかという事です。

 

 昔は運動すると水を飲んではいけないといわれました。近頃はこれは間違いと言われます。

若い人はどんどん水を取って運動しましょう。その時汗と一緒に塩分、ミネラルも出てしまい

ます。だから水だけでなくミネラルも一緒に取りましょうと、勧められています。

 では、高年齢の人も同じようか?と思って、塩水を取る事があります。これが高血圧を

起こすかもしれません。高血圧の人は、塩分を腎臓でちゃんと尿に出せなくて、体にたまり

高血圧になるのです。腎臓がうまく役目を果たしているかいないかは、普段から血圧を測って

いるとわかります。自分の血圧を知りたいですよね。

 

 皆さんも気を付けてください。平素から自分を観察していい方に進んでいきましょう。

 

神経内科とは?
神経内科の主な病気
3.マリーゴールド
1997年
7月号vol.21

管理者 院長 小野田 嶺雄

メール

田峰観音(谷高山高勝寺)縁起 沿革
花のページ(バックナンバー)
今月のひとことバックナンバー

当院紹介の記事

※神経内科へ受診をご希望の患者様は、月・火・金・土の午前中にお越しください。

  診療時間    月    火    水    木    金    土
8:30〜12:00 小野田嶺雄
小野田 覚
小野田嶺雄
小野田 覚

小野田 覚

小野田 覚
小野田嶺雄
小野田 覚
小野田嶺雄
小野田 覚
16:30〜18:30 小野田 覚 小野田 覚 小野田 覚 小野田 覚
 住  所   440-0033豊橋市東岩田3−1−1
 電話番号  0532−63−8822
 F A X  0532−62−9900
 E‐mail  dr-onoda@mx3.tees.ne.jp
 診療科目  内科 神経内科 循環器科 消化器科        

2018年5月31日 更新

2.とよはしっこ
1991年8月号
健康だより
院内ギャラリー
随筆えっせい

神経内科のよく見られる症状

1.国際グラフ
1989年秀光社

外来担当医表