[院長のプロフィール] 〔診療案内〕 〔バス・自家用車でのアクセス〕 〔地図〕 〔院内紹介〕 〔関連リンク〕  

今月のひとこと(バックナンバー)

 

神経内科とは?

今月のひとこと (3月)

※神経内科へ受診をご希望の患者様は、月・火・金・土の午前中にお越しください。

神経内科の主な病気
3.マリーゴールド
1997年
7月号vol.21

早くも花いっぱいの3月ですね。小さいころは月日のたつのはゆっくりと思っていま

したが、いまや特急並みです。その内新幹線並みという事になるでしょう。先日笑点

でしたか、「時間が立つのはゆっくりだが、月日のたつのは早い」とか言っていまし

た。なるほどそれもそうかもしれません。


 インフルエンザは流石にもういなくなったでしょう。これからは花粉症です。日本

での花粉症はほぼ7割の人がそうらしいという事で、あちこちでクシュンクシュンと

やっています。ひどい人は薬を飲んでいいのですが、外気にあわない生活をしていれ

ばいいという人もいてそれぞれです。メガネ(ゴーグル)マスク(超微粒子用)を使

えばかなりいいらしいですがー。外に出ていた人の洋服、干してあった布団などにも

花粉がくっついているようです。よく払いましょう―と言っても花粉症の人は払えま

せんよね。なかなか大変です。


 ある物にアレルギーを起こす人が、次第に別の物にも感作してしまうという事もあ

るようで、これまた大変です。(アレルギーマーチ)


 ほかに花粉症だけでなく、喘息、アトピー性皮膚炎、じんましんなどもアレルギー

です。下痢もアレルギーの場合があります。花粉と同様な注意が必要な病気です。


 人の身体って難しいですね。敵をやっつけてくれる抗体が別の悪い症候を起こすの

ですから。正しければ正しいほどすべてがよくなっていけばいいのに、良すぎてもま

たいけないのです。


 そう思うと血圧もそうですね。圧力が無ければ身体の末端まで血は回らないのです

が高すぎてもまた困ります。脳卒中やら心筋梗塞になる可能性があります。糖もそう

です。糖はエネルギーの元としてあまり低いのも問題ですが、高血糖になると失明す

るとか、腎機能障害などを引き起こします。何事もちょうどいいというのが一番いい

ので、血圧や,糖を調節している機構が体には存在するのです。高すぎるとか低すぎ

るというのを調節している

機構が、狂っていると病気になるのですね。

 

花のページ(バックナンバー)

外来担当医表

  診療時間    月    火    水    木    金    土
8:30〜12:00 小野田嶺雄
小野田 覚
小野田嶺雄
小野田 覚

小野田 覚

小野田 覚
小野田嶺雄
小野田 覚
小野田嶺雄
小野田 覚
16:30〜18:30 小野田 覚 小野田 覚 小野田 覚 小野田 覚
当院紹介の記事
田峰観音 (谷高山高勝寺) 縁起 沿革

【TOPへ】

管理者 院長 小野田 嶺雄

2017年2月28日 更新

頭の痛み
ものわすれ

しびれ
めまい
かってに手足や体が動いて
しまう、ふるえ(不随意運動)
うまく力がはいらない(脱力)
歩きにくい、ふらつき、つっぱり
むせ

はなしにくい、ろれつがまわらない
ひきつけ、けいれん
ものが二重にみえる(複視)
意識障害

糖尿病
頚椎症
腰の痛い時
頭痛
脳卒中 脳梗塞
脳出血

2.とよはしっこ
1991年8月号

メール

神経内科のよく見られる症状

 住  所   440-0033豊橋市東岩田3−1−1
 電話番号  0532−63−8822
 F A X  0532−62−9900
 E‐mail  dr-onoda@mx3.tees.ne.jp
 診療科目  内科 神経内科 循環器科 消化器科        
1.国際グラフ
1989年秀光社
健康だより
院内ギャラリー
随筆えっせい